英語初心者の大人が英会話を学ぶ場合!聞き流すタイプの教材はどうかな?

今の英会話教材のトレンドは、聞き流すタイプの英語教材が人気ですね。確かに今までの英語学習はテキストベースなので、耳から覚える英会話教材は有効という声もあります。ですが、実際に体験談やレビュー評価を見る限り現実的にはそこまで簡単に英会話が習得できる感じじゃないですね。

特に英会話教材といっても自然に英語が出てくるためには、ある程度の英語力(英単語を3000ぐらい知っているとか!)が無いと難しい感じです。この聞き流す英会話教材が有効な人は、過去に英会話の勉強をしたことがあり、勘を取り戻す場合は効果がある感じです。

そのため自身の英語力が初心者レベルの場合(管理人がコレですが・・・)、基礎となる英語力を身につけることがポイントのように最近思います。ちなみに管理人の場合、最近はNHKラジオの英語番組を聴いています。実際にはラジオではなく、公式サイトに過去一週間程度が試聴できるので、それを毎日聞いています。

具体的には、『心にしみる英語ドラマ リトル・チャロ2』と『ラジオ英会話』の2つです。ただ英語初心者の場合、飽きるのが心配!既に『ラジオ英会話』は、つまらないので飽き気味です。ただ『リトル・チャロ2』は、ストーリーが続いているので楽しんで聞いています。ただレベルが高いですね。子供用かと思ったんですが、それでも難しいです。

ここで思ったのが、英会話教材にしても話が続いていない教材は、飽きがくるなってこと。よくドラマを見ながら英会話を学ぶなんて教材もありますけど、続けるにはストーリー性がある教材の方がいいかもしれませんね。

子供の英会話教材が映像や音楽を使って楽しい作りになっているのも納得です。なお英語学習のエキスパートなどは、効果的な英会話学習方法のトップにNHKラジオの教材を挙げますね。ラジオ英会話や基礎英語の2と3をしっかり学ぶようになんて指摘しています。

また英語初心者の場合、まず慣れることが大事なので、『リトル・チャロ2』などがいいかもなんて話です。確かに『リトル・チャロ2』は面白いので、英会話学習にはオススメだと思います。なお管理人は、ラジオ英会話も聞いていますが、意外と難しいので基礎英語2に変えようかなと思っています。

やはり英語初心者の大人が英会話教材を買うなら子供用の教材から始めて、継続する癖を付けた方がいいかもしれませんね。スピードラーニングも大人用は、フルで20万オーバーですが、ジュニア用なら買取で5万ぐらいなので飽きずに続けられるかなと思っていたりします。
タグ:NHKラジオ
posted by 英語教材 at 13:36 | 子供の英語学習のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供や児童の英語教材選びのポイント!こどもの英語教育に必要なコトは?

小学生前後の子供や児童の英語教材選びのコツは何でしょうか?スピードラーニング・ジュニアなど色んな英語教材・英会話教材がありますが、教材の質を考える前にもっと考えることがあるように思います。

まず一番大切なことは子供に英語は楽しいものということを教えることかもしれませんね。ただ、これは言葉で伝えて伝わることではありません。ここでポイントになることが、こどもは親が楽しそうに取り組んでいることに対して興味を持つという点です。

これ幼児英語成功の秘訣でもあるんですが、親も一緒になって子供と英語を学ぶ(楽しむ)事が幼児英語成功のポイントといわれています。単に買い与えるだけではダメなんですね。

このことを合わせて考えると子供や児童の英語学習も親も一緒になって学ぶことかもしれませんね。ただ小学校も高学年になってくると恥ずかしがってしまうかもしれませんね。その場合は、一人でやらせてもいい気がします。ただ子供は、親の背中を見ているので親も英語を学ぶ姿勢は見せておくべきですね。

ここで子供英語教材選びのポイントですが、英語教材の中身や質はどれも似たり寄ったりかもしれません。要は、親が見て面白いと感じた英語教材を子供にやらせてみるべきかもしれませんね!

そして親も一緒になって英語を楽しむ(学ぶ)ことが子供の英語教材を有効活用する一番のポイントなわけですね。子供にとって英語は未知なるモノです。その未知なるモノにいかり興味を持ってもらうことが出来るかが、英語学習には大切なように感じています!
posted by 英語教材 at 09:30 | 子供の英語学習のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。